MENU
MENU

次亜塩素酸水とは

ウイルス対策に有効な次亜塩素酸水をリタライフで作れる

職場や自宅での除菌でウイルス撃退における有効な物としてアルコールと並んで話題になっている次亜塩素酸水


実は水素を発生することが可能な水素風呂リタライフと塩で次亜塩素酸水を生成する事が簡単に可能なのですがまずは次亜塩素酸水の特徴についてご説明します。コンビニ、スーパーや薬局で様々な除菌の製品が出ているなか、次亜塩素酸水の文字を見かけたことがある人もいるでしょう。ザックリ言いますと次亜塩素酸水は「次亜塩塩素酸」という殺菌成分を持っている水溶液です。

良く似たような製品の名前のものに、「次亜塩素酸ナトリウム液」がありますが、主成分は同じですが、厳密には性質が違います。次亜塩素酸水は、塩酸や食塩水を電気分解して生成されるものです。弱酸性なので、人間の皮膚やデリケートな物品にもダメージを与える心配が全くありません。次亜塩素酸水は厚生労働省からも公表があるほどに安全に使える除菌剤として現在、注目を集めてる製品なのです。除菌で一般的な物としてアルコールが有名ですがアルコール消毒と次亜塩素酸水の違いについてアルコール消毒剤も次亜塩素酸水もそれぞれ様々な効果があります。

色々な消毒や除菌が出来る製品がある中で、どのような違いがあるのか気になる人もいるでしょう。ここでは、アルコール消毒剤と次亜塩素酸水の違いについて見ていきます

次亜塩素酸水説明画像


違い① 消毒や除菌の仕組み

アルコール消毒は、ウイルスや細菌などの蛋白質を変化させる仕組みになります。それに対して次亜塩素酸水は次亜塩素酸による酸化反応によって、除菌を行います。

違い② 皮膚への刺激

アルコール消毒剤は皮膚への刺激や皮脂を取り除く作用があるため、頻回に使うことで手の荒れを引き起こす原因になることもあります。次亜塩素酸水は弱酸性であるため、人間の肌やデリケートな家具などにも優しいのが特徴です。

違い③ 保存方法

アルコール消毒剤は引火しやすく危険なので、火元以外に保存となります。それに対して次亜塩素酸水はUVによって有効な成分が分解されるので、直射日光を避けての保存が必要です。保存する期間については、製品によっても違いますが、未開封の場合アルコール消毒剤がおおよそ2~3年、次亜塩素酸水が3カ月から半年となります。

違い④ ノロウイルスへの効果

アルコール消毒では数多くのウイルスに対して消毒することが可能と言われておりますが、ノロウイルスへの効果のみは、若干弱いとされています(30秒以上当て続けないといけないなど)それに対して次亜塩素酸水は、ノロウイルスを不活性にする報告がなされており、ノロウイルスへの効果は逆に大きいと言えます。そして弱酸性で素肌にも優しいのです。

違い⑤ エビデンスについて

アルコール消毒は昔から研究が色々となされているため、その効果においては証明されている部分が大きいです。アルコール消毒が用いられるのは、証明されている部分が多いからとも言えるでしょう。次亜塩素酸水については、下図(厚生労働省HP内にある「次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性 に関する資料」より引用)によると、次亜塩素酸水は、ハイターなどを薄めて作る次亜塩素酸ナトリウム液に類似しており、効果があることが正式に認められています。

次亜塩素酸水説明画像2

    次亜塩素酸水の消毒としての効果は認められていますが最近、生まれたした除菌剤なので、きちんと証明が完了していない部分も正直あります。これからの研究によっては、効果がないケースも多々見受けられるかもしれないですが、上図に記載されたウイルスに効果があるのであれば、現在の日常生活における消毒・除菌に困ることはないです。※ 実際、次亜塩素酸水は業者にも現在、使われています。

    【シュチュエーションごとにアルコールによる消毒と次亜塩素酸水の仕様を分ける方法】
    普段の生活の中で、消毒や除菌が必要になる場面は多々あると思います。これから次亜塩素酸水が効果的な場面について例で紹介していきたいと思います。

    【ガスコンロなど火の周りに】
    アルコール消毒で忘れてはいけないのが、引火する危険性です。特にガスコンロ部分などの消毒をする際に引火して火災の原因になる危険があります。 ガスコンロ部分などを掃除する時は、次亜塩素酸水を使うのがよいでしょう。アルコール消毒剤を使うときは、成分がなくなってから必ず火をつけるようにしてください。

    【愛煙家の人の手の除菌に】
    ガスコンロでの引火と同じ理由で、普段タバコを吸っている人も注意です。 アルコールが入った薬剤で手の消毒後は、十分乾かす必要があります。成分がなくならないうちに、手に取ったタバコに火をつけた場合、引火する危険があります。 喫煙者の方は、最初から引火の心配がない次亜塩素酸水で手の除菌をするのがおすすめです。

    【デリケートな方の手が荒れている時に】
    ウイルス感染が多い現在は、皆さん手をアルコール消毒する事が当たり前でしょう。アルコール消毒剤は、人間の皮脂を取り除く作用があります。そのため、デリケートな方はご存知かと思いますがアルコール消毒剤を頻繁に使っていると、手が荒れてしまうことがあります。アルコール消毒剤は皮膚への刺激作用があるので、手が荒れている時に使うのは難しいものです。なんらかの理由で手荒れがある人や、手の消毒剤に次亜塩素酸水を使うとよいでしょう。次亜塩素酸水による敏感肌など生まれつき肌が弱い人には次亜塩素酸水がおすすめです。

    【アルコールのアレルギーがある人に】
    アレルギーの原因となる物質には色々ありますが、アルコールに対して敏感に症状が現れる人もいます。アルコール過敏症は、生まれつき「アルデヒド」なる物質が分解しずらい体質であることによって起こります。アルデヒドは、アルコールの分解の過程で生成される物質です。 アルコール過敏症というと、お酒に弱い人をイメ―ジしがちですが、飲酒でなくともアルコール消毒などに対してもアレルギー症状が起こることがあるのです。アレルギーなどの理由でアルコール消毒剤を使用できない人は、次亜塩素酸水を使うとよいでしょう。

    【特殊なウイルスの対策に】
    アルコール消毒剤というと、いろいろな細菌やウイルスに効果があるイメ―ジがありますが、例外もあります。 ノロウイルスやロタウイルスなど特殊なウイルスには、高い効果を期待出来ません。特殊なウイルスの撃退には、アルコール消毒より次亜塩素酸による消毒が効果的です。 ご自身や家族が密閉された空間へ出かけられた場合は、次亜塩素酸水で家に入る前に徹底的に消毒するのがよいでしょう。

    次亜塩素酸水を身近にご家庭に取り入れるのなら日常的にお使い頂ける「水素風呂リタライフ」がおすすめです。 日常生活の除菌に次亜塩素酸水を取り入れるのであれば、「水素風呂リタライフ」を活用してみてください。水素風呂リタライフは、基本的には体内に水素を吸収するために効果的に入浴で可能な機器になりますが水素を発生させる構造上、塩分を加える事で「水素風呂リタライフ」で簡単に次亜塩素酸水の生成が可能なのです。
    水1Lに対して食塩0.25gを混ぜて水素を生成する事で約5分程で除菌や消毒としてお使い頂ける水素風呂リタライフで次亜塩素酸水の生成が可能です。美容や健康、コストパフォーマンスに恵まれた製品「水素風呂リタライフ」を一度ご検討してみて頂けたらと思います。

水素風呂リタライフで次亜塩素酸水の作り方

自宅で有効活用できる次亜塩素酸水を水素風呂リタライフで作る!


水素風呂リタライフ、水、食塩を用意して頂きまして洗面器などに水1ℓに対して食塩0.25gを入れて、普段使いの様に水素風呂リタライフのスイッチを入れて約5分程で約50ppmの次亜塩素酸水が作れます

注意点ですが約50ppmの濃度はご家庭でご使用になれる濃さとして適正な数値でして生成時間が長ければ長いほど濃度は濃くなりますので時間を忘れて濃く作ってしまった場合などは薄めるなどして自己責任でご利用ください。水素風呂リタライフで生成した次亜塩素酸水は自己分解性があり劣化が激しいので、作り置きはせずに使用時にその都度、生成してください。作った後は水素風呂リタライフの電極部分をしっかりと水で流すようにお願いします。作って水素風呂リタライフの電極を放置すると劣化や故障につながる可能性がありますのでご注意下さい。

水素風呂リタライフで生成した次亜塩素酸水の使用方法


水素風呂リタライフで作った濃度50ppmの次亜塩素酸水ですと人体やペットに直接利用したり、霧吹きなどを使ってスプレーによって空間除菌をする場合に使う事が可能です。幼児や赤ちゃん、小動物など、免疫力・抵抗力のひ弱な対象を消毒・除菌する場合もこれぐらいの濃さが安全です。健康に害なく消毒や除菌に使用したい場合の濃度の目安になりますのでご注意ください。以下、水素風呂リタライフによって作られた次亜塩素酸水の主な用途をまとめてみましたのでご参考にしてください。


・手洗い/うがいなどの口腔ケアに
・キッズ用品、幼児玩具の消毒・除菌に
・ベビーグッズ、赤ちゃんの哺乳瓶の消毒・除菌に
・ペットの餌容器の消毒・除菌に
・噴霧器(加湿器)などの機具に入れた空間の消臭・除菌に